Skip to main content
x

海洋文明学科学士 ( Bachelor in Ocean Civilization )

Type
Bachelor (ISCED 2011 level 6)
Language

Japanese

Duration 8 semesters
Cost ¥1,247,000/year

海洋学部紹介

「海洋学部」は日本で唯一、東海大学だけがもつ、海を総合的に学ぶことができる学部です。地球表面の約71%を占める「海」は地球全体の気候を支配し、多様な生き物を育み、人類は太古よりその恵みを受けて生きてきました。海を理解し、海を利用し、海とともに生きていくためには、文系・理系にとらわれず、さまざまな分野を理解することが必要です。まだまだ未知の部分がたくさんある「海」について、海洋調査研修船「望星丸」による海洋実習などで総合的かつ体験的に学びましょう。海の不思議を解明して、明るい未来を切り拓いてください。

学部の特色

  1. 海から「自然の大切さ」を学び、倫理観や責任感を養い、社会を牽引していく力を身につけます。
  2. カリキュラムの編成は文理融合型。両分野の知識と技術を身につけた上で、専門分野を学べます。
  3. 大学が所有する海洋調査研修船での「海洋実習」など、実践的な学びが展開されています。

海洋文明学科

海洋文明学を通じて、現代社会に生じるさまざまな問題を解決する力を養うことが本学科の目的です。授業では、環境破壊や資源獲得競争、また考古学から現代の国際問題にいたるまで幅広い内容を網羅。海の文化を体感する実習も多く、長期的なフィールドワークも設けています。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

まずは今後の履修計画を立てます。また「海洋政策論」などで海と人の関係や社会的な取り組みの基礎を学びます。

2年次

さまざまな視点から海洋文明学への理解を深めます。演習科目では、海の環境問題や文化、歴史についてフィールドワークなどを通じて学びます。

3年次

卒業研究の準備を始めます。「海洋文明学ゼミナール1・2」を受講し、 各自研究テーマに沿って学問的基礎知識と技術を習得していきます。

4年次

「海洋文明学ゼミナール3」を通じ、卒業研究「海洋文明学研究」に取り組みます。 計画・実行・考察など一連のプロセスを経て、研究をまとめていきます。

将来のビジョン

海洋文明の知識や多様な経験を生かし、リゾート施設などの観光業や流通業、サービス業、海運や水産業、博物館などさまざまな道が開かれています。

Structural components
Thesis/Dissertation
Internship/Workplace experience
International component
Laboratory training
Practical/Field work
Language training
Research Project

Grant opportunities

東海大学奨学金制度(2018年度以降の入学生対象)

入試出願時に申請できる奨学金

https://www.u-tokai.ac.jp/campus_life/scholarship/scholarship/system/

ISCED Categories

Project management
Ocean Literacy
Marine archaeology
Maritime economy
Policy and governance
Biology
Conservation and environmental management
Physical and chemical oceanography
Surveying
Fisheries
Maritime security