Pasar al contenido principal
x

博士前期海運ロジスティクス専攻 (衛星航法工学) (Master in Maritime Technology and Logistics (Satellite Navigation Engineering) )

Tipo
Master (ISCED 2011 nivel 7)
Idioma

Japonés

Costo ¥535,800/year

海運ロジスティクス専攻

海上貨物輸送の主体である船舶の安全性、環境と調和した経済性確保、高度な情報技術を応用した運航管理の方法などに船舶の運航技術を活用した新たな海洋構造物を設計、運用、管理する分野、また、貨物の流れを、海・陸・空輸送を含む複合一貫輸送の中で捉え、その物流の経営工学的最適化、経済性、貨物情報のネットワーク化、港湾の貨物管理の情報化など、物流に関する社会工学的側面についての分野などの教育研究を行います。

求める学生像

地球的規模の視野を持ち、交通と物流の安全・効率に関する諸問題を発見し、解を考えるための理論的・実学的素養の修得に意欲を持つ学生を求めます。

専攻分野

  • 情報システム工学
  • 海洋テクノロジー学
  • 海上安全テクノロジー
  • 流通システム工学
  • 流通経営学
  • 衛星航法工学

衛星航法工学について

研究内容

位置情報は、船舶、自動車、航空機、歩行者などの航法にとって、必要不可欠のものとなっています。本専攻分野では主に人工衛星を用いた測位システムについて学びます。GPS受信機では多くの人工衛星からの信号を同時に受信し、各々の衛星までの距離を測定して測位しています。研究を進めるために、電子工学・通信工学の基礎知識についても学ぶ必要があります。さらに、測位システムの航法への応用についても教育研究を行います。

講義方法

GPSなどの衛星航法システムは、高度な電子通信技術をもちいて信号を送信し、受信機でも相応の技術により、信号処理し、測位に必要なデータを取得していますが、これらのメカニズムを学ぶと共に、測位計算の実際を実データをもとに実行することにより、衛星測位の全体像を体得できます。

魅 力

机上の理論の追求だけでなく、コンピュータ上で実信号を処理し、信号処理のメカニズムを体得できるとともに実データによる測位計算を実行することにより、測位の問題点を把握し、研究を深化させることができます。

Componentes estructurales
Tesis/Disertación
Prácticas profesionales/experiencia laboral
Componente internacional
Entrenamiento de laboratorio
Trabajo práctico/ de campo
Proyecto de investigación

Categorías CINE (ISCED)

Manejo de proyectos
Competencias personales y comunicación
Cultura oceánica
Geología marina
Oceanografía física y química
Ingeniería naval
Topografía
Navegación y náutica