Overslaan en naar de inhoud gaan
x

学士海洋生命科学 (食品生産科学科) (Bachelor in Marine Life Science (Food Production Science) )

Type
Bachelor (ISCED 2011 level 6)
Taal

Japanese

Tijdsduur 8 semesters
Cost ¥535,800/year

海洋生命科学部

目指すべき人材像(個性、特色、魅力)

海洋生命科学部においては、海洋を含めた水圏に生息する多様な生物の資源としての保全・利用やそれらに関するバイオテクノロジー、食品としての生産理論と技術、人との共生関係に根ざした海洋政策や文化に関心と興味を持ち、グローバル化するこれらに係わる諸課題を追求し、解決するための行動力とグローバル化への対応力を身につけた高度専門職業人の養成を目指します。

学生が身につけるべき能力、素養の目標

  • 海洋に対する科学的・文化的認識を深化させ、生物資源の利用・保全の方策、食品生産技術、海洋産業・海洋文化の望ましい持続的発展の方策を提示し、実践する能力
  • 論理的思考能力、適切な判断力、社会に対する責任感をもって行動する能力
  • 現代社会の大局化した諸課題について理解・認識し、対応できる実践的指導力
  • 豊かな人間性、幅広い教養、深い専門的知識・技術による課題探求、問題解決能力
  • 国際交流の基盤となる幅広い視野・語学能力と文化的素養

卒業認定の要件

学士課程にあっては、所定の年限を在学し、学部の教育目的に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数を修得した学生に対して卒業を認定し、学士(海洋科学)の学位を授与します。

食品生産科学科

目指すべき人材像(個性、特色、魅力)

食品生産科学科においては、水産資源を含めた食資源(食品)を対象として、安全で美味しく栄養機能に優れた食品を、持続的に、生産、流通、消費するための技術開発に従事する専門技術者として、食品とそこで起こる諸反応について生物学的、化学的、物理学的な観点から深く理解し、また関連する微生物、化学物質、製造機器についての専門知識を持ち、食料、生命、環境への関心と社会の諸問題の解決に高い意欲を持つ人材を養成します。

学生が身につけるべき能力、素養の目標

  1. 数学、自然科学に関する幅広い知識を基礎として、水産資源を含めた食資源を有効に利用するための、生産、流通、消費に関する問題解決に応用・実践する能力
  2. 食品の生産、流通、消費に関する課題解決に向けた方策を論理的に思考し、その応用と実践においては適切な判断力と社会に対する責任感を持って行動する能力
  3. 現代社会の抱える課題を多面的にとらえ、それらの課題に対しリーダーシップを発揮して実践的に対応できる能力
  4. 幅広い教養と豊かな人間性を備え、食品の生産、流通、消費に関する深い専門知識と技術を基に、解決すべき課題を探求し、解決に導く能力
  5. 語学を含むコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、多様な社会・文化についての理解力を兼ね備えた、高い国際的・文化的教養

卒業認定の要件

所定の年限を在学し、学部および学科の教育目的に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数を修得した学生に対して卒業を認定し、学士(海洋科学)の学位を授与します。

Structurele componenten
Thesis/Dissertation
Internship/Workplace experience
International component
Laboratory training
Practical/Field work
Language training
Research Project

ISCED Categories

Projectmanagement
Oceaangeletterdheid
Biologie
Ecologie
Fysische en chemische oceanografie
Statistiek
Machines en operators
Aquacultuur
Visserij
Logistiek en bedrijfsvoering scheepsvaart